塚口、伊丹市にある個別指導塾 今塾

MENU

伊丹教室 電話番号

稲野教室 電話番号

資料請求 入塾体験のお申込み

※お申込みは、個人情報保護規定に則り
浜学園(http://www.hamagakuen.co.jp)のページで受け付けております。

ICTハイブリッド型学習コース
『I-MA(イーマ)ICT LEARNING SYSTEM

  1. TOP
  2. ICTハイブリット型学習コース I-MA(イーマ)

ICTハイブリット型学習コース I-MA

I-MA(イーマ)とは

個別指導の今塾のコンセプトである「自己解決力の向上」
ICTの「利便性」を融合した独自の学習システムです。

強み1
「映像授業」=「教師に頼りすぎない環境」で学習することで「学習における自立」が促されます!「教わる」から「学ぶ」という主体的な姿勢に変わっていきます!
強み2
カリキュラム作成から質問受け、生徒モチベーション管理まで専属のチューターが徹底管理し、「自立」に向けてサポートします。
強み3
「映像授業」=「教師に頼らない環境」での学習スタイルだからこそできる、「学びホーダイ」。「学ぶ」場所は、個人の都合に合わせて自由に選べます!

特長

特長1

脳科学にもとづく指導で
やる気を引き出す
意欲喚起指導

お子さまの”個”の力を大切にし、勉強を前向きに受け止め、自発的に「学習意欲を引き出す」独自のプログラムがあります。勉強に対する意識を変え、自発的に勉強に取り組み、学校の授業や自宅での勉強にも前向きに取り組む姿勢を育みます。

特長2

わかるまで、
できるまでとことん学べる
塾でも自宅でも学びホーダイ

基礎学力や応用力を身につけるには、演習量と繰り返しが大事になります。チューターによる徹底した管理のもと、その日に学習した内容が身につくまで教室で繰り返し学習します。塾でも自宅でも学習できる映像教材を活用して、わかるまで、できるまで何度でも復習することもできます。

特長3

一人ひとりの学力・目的に
合わせて作成する
完全個別学習カリキュラム

お子さま一人ひとりの状況に合わせて、目的の達成までの長期的なカリキュラムと月ごとの短期的なカリキュラムを個別に作成します。中学生・高校生は”志望校合格”から逆算して時期ごとに目標を設定し、「弱点克服」「定期テスト対策」「受験対策」を行います。

特長4

部活と勉強の両立も実現低コストで5教科学べる

高校入試は5教科総合得点、大学入試は5教科9科目の中から大学が指定した科目での勝負になります。一人ひとりに必要な科目を低コストで学べるよう設定しています。通う曜日・時間帯を選んで受講できるので、部活や習い事と両立しながら効率的な学力アップが図れます。

特長5

主体的に”学ぶ”力がつく自己解決型個別学習

何事においても、一人の人間が自立するためには「課題を明確にし、自主的に行動し、結果に結びつける力」の向上が必要です。テストの点を上げるための勉強にとどまらず、将来必要になる自己解決力を身につける指導を行っています。

成績アップ・志望校合格を実現する目的別指導

映像授業の便利さと個別指導の安心感

ICTハイブリット型学習システム『I-MA(イーマ)』は、集団授業の録画映像ではなく、個別指導の受講感覚に近い映像授業です。

教室長が徹底管理!チューター制を導入!

教室長が個別に授業ごとの学習スケジュールを作成し、その日の課題が終了するまでしっかり管理するので、対人指導での学習よりハードな学習に取り組むことになります。また映像授業を視聴して分からないところはチューターにどんどん質問できます。

※チューターとは、生徒の学習姿勢の管理、質問受け、学習助言、確認テストの採点など各生徒の学習全般を補佐する教務スタッフのことです。

自立した学習姿勢の構築を促します

教師に依存することなく、生徒自ら情報を収集できる学習環境で学習し、教室長による徹底したサポートを受けることで『自立した学習姿勢の構築』を促します。

安心の定額制による「学びホーダイ」

自分の専用ブースで、月曜日~土曜日何度でも※映像授業をご受講できます!!もちろん自宅に帰宅してからも何度でも視聴できます!

※受講科目数に応じてスタッフと相談の上、来塾するスケジュールを決めます。最低限来塾する日数規定を設けています。

1回の授業の流れ(一例)

  1. 〈意欲喚起[訓話]指導〉

    授業前の訓話指導で一人ひとりのやる気を引き出し、受講カリキュラムを提示します。

    意欲喚起[訓話]指導

  2. 〈単元学習〉

    一人ひとりに合わせたテキストを使って、生徒が「自ら考え抜く」プロセスを重視した授業を展開します。

    単元学習

  3. 〈個別指導〉

    チューターが、単元学習で学習した内容の演習指導・確認テスト・質問対応を行い、理解度を確認します。自分で考えてどうしても理解できなかった場合はチューターが丁寧に指導を行います。

    個別指導

  4. 〈確認テスト[Check]〉

    毎回の授業で学習した単元については確認テストを実施し、間違えた問題や類題を繰り返し演習し、学習内容の完全理解・定着を図ります。

    確認テスト

ページトップへ